DeepStream ContainerでH264ハードウエアエンコーダーを使う


nvidia DeepStream SDK 3.0 のDocker ContainerにGStreamer用のH264のハードウエアエンコーダーが入っていなかったので、自前でインストールする方法の備忘録です。

前提条件

Ubuntu 18.04 x86_64
nvidiaグラフィックカード(RTX2060)
nvidiaドライバ(Driver Version: 418.56, CUDA Version: 10.1)
docker-ce
nvidia-docker
※カッコ内は自分の環境です。

ソースコードの取得

まず、ホスト側にソースコードをダウンロードしておきます。

また、コンテナ内のGStreamerのバージョンが1.8.3なので、こちらも1.8.3をチェックアウトします。

git clone git://anongit.freedesktop.org/gstreamer/gst-plugins-bad
cd gst-plugins-bad/
git checkout -b 1.8.3 1.8.3

ヘッダファイルの取得

cuda.h

/usr/local/cuda/include/cuda.hgst-plugins-bad/sys/nvenc/にコピーします。

nvEncodeAPI.h

こちらからVideo Codec SDKをダウンロードして解凍します。

include/nvEncodeAPI.hgst-plugins-bad/sys/nvenc/にコピーします。

コンテナ起動

ダウンロードしたソースコードをマウントする設定を加えて、コンテナを起動します。

nvidia-docker run -it --rm -v /home/hogehoge/gst-plugins-bad:/root/gst-plugins-bad -v /tmp/.X11-unix:/tmp/.X11-unix -e DISPLAY=$DISPLAY -w /root nvcr.io/nvidia/deepstream:3.0-18.11

事前準備&ビルド

以下、コンテナ内でのコマンドになります。

  • /etc/apt/sources.listでdeb-srcを有効化
  • ビルドに必要なライブラリとヘッダファイルをインストール
  • ビルドに必要なライブラリのsoファイルのシンボリックリンクを作成
  • config&make
sed -i -e 's/# deb-src/deb-src/g' /etc/apt/sources.list
apt updte
apt build-dep -y gstreamer1.0-plugins-bad
ln -s /usr/local/cuda/lib64/libcudart.so.10.0.130 /usr/local/cuda/lib64/libcudart.so
ln -s /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libnvidia-encode.so.418.56 /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libnvidia-encode.so
cd ~/gst-plugins-bad
NVENCODE_CFLAGS="-I/root/gst-plugins-bad/sys/nvenc" ./autogen.sh --with-cuda-prefix="/usr/local/cuda"
cd sys/nvenc
make

エラーが出ずにビルドが成功すると、gst-plugins-bad/sys/nvenc/.libslibgstnvenc.soができてるはずなので、こちらを/usr/lib/x86_64-linux-gnu/gstreamer-1.0/へコピーします。

gst-inspect-1.0 nvh264enc

を実行して、情報が表示されれば成功です。

次回起動以降はDockerfileを作って、libgstnvenc.so/usr/lib/x86_64-linux-gnu/gstreamer-1.0/ADDするのがよいと思います。

とりあえず、DeepStream 4.0ではサポートされるらしいのでそれまでのつなぎとして(^^)

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です